• HOME
  • ニュース・トピックス
ニュース・トピックス

改正高年齢者雇用安定法施行に伴う「雇用保険被保険者離職証明書」の離職理由(定年による離職部分)欄の変更について(周知依頼)

2013.04.01

平成25年4月1日より、改正高年齢者雇用安定法が施行されます。

これに伴い、雇用保険被保険者離職証明書の離職理由(定年による離職部分)の記入方法が変更となります。

つきましては、下記資料等をご覧いただき、ご確認頂ければと存じます。



                   記


1.改正後の「雇用保険被保険者離職証明書」(雇用保険被保険者離職票)の離職理由欄
   別添@参照



2.記入方法
   別添A:(新様式)記入方法(平成25年4月1日以降)
   別添B:(旧様式)記入方法

    ※平成25年4月1日以降も、旧様式の証明書は使用可能です。お手持ちの証明書を利用する際は、別添Bの(旧様式)記入方法をご利用ください。


3.備考
定年で離職した場合であって、以下@〜Bに該当する場合は、「事業主の都合による離職以外の離職」となるため、特定求職者雇用開発助成金等、雇入れに関する助成金の支給には、影響ございません。


@労働者本人が「定年後の継続雇用を希望していなかった場合」
A労働者本人は定年後の継続雇用を希望したものの、「就業規則に定める解雇事由又は退職事由に該当したため、継続雇用しなかった場合」
B平成25年3月31日以前に締結した労使協定の基準に満たなかったため、継続雇用しなかった場合


札幌商工会議所


ページのトップへ戻る